じゅくちょうがえるのじゅくちょう日記 #慶真塾


by RelaxAndGo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

現代社会は実教出版の教科書

P8からP25までが試験範囲。
キーワードメモしてみると。

P8復活する路面電車→イントロな話題
LRTという新技術。
ライトレールトランジット

P10
1=地球環境問題
現代社会と環境問題
地球環境問題
地球温暖化
温室効果ガス==二酸化炭素
100年間で約0.6度
生態系=エコシステム

P12
オゾン層
オゾンホール
フロンガス
1987年モントリオール議定書
→1995年末までに特定フロン全廃

酸性雨・・・PH5.6以下の酸性度の強い雨

窒素酸化物(NOx)や
硫黄酸化物(SOx)が
原因

熱帯林の現象
FAO(国連食糧農業機関)

野生生物種の絶滅

P14
ワシントン条約
==「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」

ラムサール条約
==「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」

砂漠化の進行
サハラ砂漠

P15
地球環境問題への取り組み
1972年国連人間環境会議
1992年国連環境開発会議(地球サミット)→気候変動枠組条約が締結
1997年京都議定書・・・具体的なCO2の削減目標

日本は1990年の排出量の6パーセント
アメリカは7パーセント
EUは8パーセント、
先進国全体で5.2パーセントの削減をめざす

日本の取り組み
排気ガス規制
低公害エンジン
1993年環境基本法
ソフトエネルギー

P20
資源・エネルギー問題
確認埋蔵量

石油をめぐる国際問題

国際石油資本===メジャー

産油国は→OPECやOAPEC
OPEC==石油輸出国機構
OAPEC==アラブ石油輸出国機構

1973年第1次石油ショック
1979年第2次石油ショック

OPECは1960年にサウジアラビア、イランなど産油国5カ国(現在11カ国)で結成。石油の生産枠や価格管理をおこなっている。二度にわたる石油ショックは、OPECによる原油価格の大幅な引き上げが原因。

P22
1979年スリーマイル島原子力発電所(アメリカ)
1986年チェルノブイリ原子力発電所(旧ソ連)

資源エネルギーの有効な利用

コージェネレーション(熱電供給システム)・・・従来の発電で排熱として捨てられていたエネルギーを冷暖房や給湯などに利用して熱効率を高めること。

燃料電池


P23
現代社会とゴミ問題
大量廃棄社会
大量生産・大量消費

ゴミ問題の現状
一般廃棄物にくわえて産業廃棄物の問題。
ダイオキシン
不法投棄
2000年廃棄物処理法


リサイクルの現状

1997年容器包装リサイクル法
→分別収集と再商品化

家電リサイクル法
→テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン

自動車リサイクル法

2000年循環型社会形成推進基本法
reduce
reuse
マテリアルリサイクル・・・再生利用
サーマルリサイクル・・・熱回収
[PR]
by RelaxAndGo | 2007-05-20 18:54