じゅくちょうがえるのじゅくちょう日記


by RelaxAndGo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:国語( 9 )

塾生の人が大鏡を勉強してるらしい。藤原道長のところ。

http://www.j-texts.com/sheet/fokgm.html
ここからダウンロードできるらしい。
[PR]
by RelaxAndGo | 2010-12-05 23:35 | 国語
都立鷺宮高校の現代文で課題が出たようだ。
☆新潮文庫の100冊
☆きみに読んでほしい50冊(新潮文庫)
☆発見!夏の100冊角川文庫
☆集英社文庫 ナツイチ2010
などから一冊を選んで読むらしい。

星の王子さま が新潮文庫100冊の2009年に入っていたので前に買っていたのでそれを生徒に紹介してみた。

http://100satsu.com/
新潮文庫の100冊 のサイトはここ

http://www.shinchosha.co.jp/kando/list.html
きみに読んでほしい50冊(新潮文庫)はこのページ

http://www.kadokawa.co.jp/hakken/summer2010/bunko/
発見!夏の100冊角川文庫

http://bunko.shueisha.co.jp/natsuichi/index.html
集英社文庫 ナツイチ2010
[PR]
by RelaxAndGo | 2010-07-21 17:40 | 国語
やわらかい「やまとことば」

これから数年、高校入試や大学入試で多く採用されるだろうと思われるベストに入るだろう。茂木健一郎さんのクオリア日記。今年度の塾で採用している月例テストでも一度問題文にとられていたことがあった。それはとってもひっかかりのおおいとてもよい文章だった。「脳」整理法からの出典だっただろうか?記憶があいまいだが。

「やわらかさ」とか「しなやかさ」というように表現できるものだと思う。茂木さんの文章の魅力。最近では淀川さんのことに触れていた文章が印象に残った。コンピュータと脳を比較しているブルーバックスに書いてあった「小林秀雄と蛍」のコラムもなかなか傑作な文章だと思った。去年から読むようになったんだったか?最近立て続けに書籍を購入して読んでいる対象である。茂木健一郎さん。対象の不思議さがまだ解けないうちはきっともっとはまってゆくのだろう。

塾生にもたくさん推薦したい本ばかりだ。

週刊新潮のえげつない見出しについて苦言をていしている箇所を気になったので引いておく。


以前から不思議なのは、日本を愛している、
その一方で近隣諸国のことを揶揄したいと
称する人々が使う言葉が、
 その「大嫌いな隣国」の言葉に似たニュアンスに
なってくるのはどういうことかということである。


 「反日」「反戦」とか、
「売国」とか、
 私たちの愛するこの国のやわらかい
「やまとことば」の中に、
 そんなにとんがった言葉は
もともとない。

 本居宣長が、どのような気持ちで
『古事記伝』を書いたか、
 一度じっくり考えてみてはどうか?


たしかにあの出版社が出している素晴らしい古典がたくさんあったりするのに同じところから出ている雑誌であるその雑誌は非常にえげつない。低級な政治宣伝紙とかタテカンの日本語みたいで実に目にするにも情けないものがある。
[PR]
by RelaxAndGo | 2007-01-19 22:02 | 国語

枕草子

雪のいと高う降りたる
うつくしきもの
月のいと明きに

教科書、光村のやつ、では扱いが無いようだがプリント配布してさらっとやったようだ。西戸山中学校。
[PR]
by RelaxAndGo | 2006-11-21 18:55 | 国語

魯迅についてのHPなど


おがまんと魯迅

wikiの魯迅

たびけんの魯迅

魯迅についてのリンク集みっけ!

IFSAの魯迅についての文章・・・藤野先生のことが触れてある

高橋さんが魯迅の狂人日記をネタに講演をしている記録。→ここ

松岡さんの魯迅についての批評→ここ
[PR]
by RelaxAndGo | 2006-09-20 23:45 | 国語
今度ことわざを重点的にプリント類などを作成しようかな。
今年の中3は特に漢字が苦手な生徒が多い。
年々漢字を書けない人が増えてきている。
読めるけど書けないというタイプの人も凄く増えている。
読めるけど書けないタイプの極値。(『極致』の方が正しいのではないかという突っ込みあり。)
どこか、新しい状況に適応しているのか?
変換すれば選択肢が有るという状況に・・・とも思うのだが。
それだけでもなくて、ただ単に・・・
基本的な繰り返しの勉強。
漢字を書きまくるような勉強をしてこなかったつけがたまっているようだ。

一方で漢字検定を受けることがブームになっているのだが、そのまた一方で全く漢字を書けないで・・・しかもそのことに無自覚というか・・・漢字を書けないことに何の気恥ずかしさも感じないような輩が増えている。

こういうのも一種の「おれ様化」の進行なのだろうか?

オレ様化する子どもたち
諏訪 哲二 / 中央公論新社
スコア選択: ★★★★

<オレ様化する>というタイトルに大うけ。
[PR]
by RelaxAndGo | 2005-04-11 21:36 | 国語
漢字の学習4(光村国語 中学3年)より

数を使った表現
①イチマツのフアンがある
②シロクジチュウ音楽を聴く
③ゴブゴブ
④イチもニもなく
⑤クブクリン

漢字三字の言葉
①アクジュンカン
②ドガイシ
③カッキテキ
④シュウタイセイ
⑤キンジトウ
⑥シュウシフを打つ

漢字四字の言葉
①キシカイセイ
②トウホンセイソウ
③ヘンゲンセキゴ
④イシンデンシン
⑤シツジツゴウケン

カフク
ウム
ケイチョウ
シンギ
ジヨウ
コウリュウ
ジョウヨ
バクロ
シュウテイ
ジシン
ライメイ
ズツウ
ジンゾウ
ガクバツ
チソ
ゴウキュウ
ガクフ
ザンテイ
キホウ
ホウスイ
トクメイ
チュウシャ

タイヨ
ドクショ
ギケイ
テンプ
コウセツ

たづな
シュッカ
ショウジン
ニオウゾウ
センガク
ほどとおい
バクロ
タイヨ
ギケイ

More
[PR]
by RelaxAndGo | 2004-11-15 19:33 | 国語
最近、頻繁に若者言葉にあらわれることばとして、フツーに・・・という言い方がある。
ちっとも普通ではない事に対しても、フツーにって軽く符丁として付け加える。
っていうか、フツーにかわいいし・・・
文脈依存で少し逆接の意味を含んでいるときがあるという分析が目から鱗状態みたいな・・・
。っていうかフツーに。

それと最近生徒にインタビューしてわかったことは・・・

キモい

気持ち悪い
とは程度の違う表現だということ。
キモイよりは気持ち悪いのほうが気持ち悪さの度合いは強いらしい。

キモイは「キモ・い」という活用区切りで、キモくない?キモかった、のように活用する。

ちなみに、「キモチい」というのは「気持ちいい」の省略で、キモチい、キモチくない、キモチかった、というのは気持ちいいという意味の表現だとか。
[PR]
by RelaxAndGo | 2004-08-06 19:13 | 国語
青空文庫

吾輩は猫である

中学2年の生徒が「吾輩は猫である」を夏目漱石の作品と知らなかったことに驚く。そしてここにリンクを貼る。青空文庫はいつもいつも利用させてもらっている。

『吾輩は猫である』
これはつい数ヶ月前に青空文庫で何の気はなしに読んだ。小学生くらいのときに読んで以来であった。明治時代の文章ではあるがそれなりにエンターテインメントになっていることに驚く。驚くってほどのことはないが。

夏目漱石にとって小説という文学形式は必ずしも本位なものではなかったはずなのだが、100年後のいまになってもそれなりのものであり続けていると思う。これって「ホトトギス」に発表されたのかあ。新聞小説だとばかり思っていた。

「虞美人草」「三四朗」「それから」「門」などが新聞小説なのかあ。修善寺で療養したんだよなあ。今年は修善寺にでも行くかなあ。親孝行温泉旅行。
[PR]
by RelaxAndGo | 2004-07-23 16:36 | 国語