じゅくちょうがえるのじゅくちょう日記 #慶真塾


by RelaxAndGo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:音楽( 8 )

http://honda39.exblog.jp/
本夛マキさんのブログ

個人活動が始まった本夛真季さんのブログです。
12月20日に本夛マキソロライブ
その名も・・・『oh!月sunとマキ-BY0-』
が行われました。やっぱりBY0ってびーわいぜろって読ませるんだった。

1月23日にも渋谷BYGでライブがあるそうです。
1月31日には下北440でもライブが!!

難問:ミクシーに本夛真季コミュはあるべきなのか?やっぱりアナマキコミュでいいのか?という問題。結局できてしまうんならば作っちゃうかっていう考えもあるんだが。でも・・・。


[PR]
by RelaxAndGO | 2008-12-21 08:44 | 音楽
愛を根底に据えたアナム&マキ

去年2007年の年末近い時期のLIVE。なかなかLIVEの場所が決まらなかったLIVE。塾補習を終わらせてタクシーで初台まで行ったことを覚えている。はじめての場所だった。G街のFのママとその連れのTさんも一緒だったし、F常連で去年の元気だしてゆこうに一緒に行ったSさんも一緒だった。いつも一緒にアナマキLIVEを見に行く人たちも含めて6人くらいでLIVEを見たんだった。ちょうどData仕事の納期の前後でばたばたと忙しい時期だった。

まだちゃんとしたLIVEレポートをあげないまま放置状態になってしまっているのだった。

FママのHさんが面識のある、私のアナマキ知り合いでもある人と再会して、いまなにしてんのん?げんき?みたいな会話が繰り広げられて・・・あとから両方からあの人だれやっけ?みたいなこともあった。お互いに面識あるのに名前が出てこないまま会話が弾んじゃったりしてみたいな話。
[PR]
by RelaxAndGO | 2008-10-14 17:38 | 音楽
9月3日にアナマキの「あるがまま」はジェネオンから発売される。最近見た映画もジェネオンのだった。ジェネオンとアミューズとどっかの共同製作みたいな映画だった。桑田さんの主題歌が大変心に沁みる。塾生を連れて見に行った。二度見に行ってしまった。ひょっとしたらもう一度見に行くかも。また他の生徒が見たいという場合もあるから。あれは是非ともたくさんの人に見て欲しい映画だ。タイトルは「闇の子供たち」

<貧困に喘ぐタイの山岳地帯で育ったセンラーは、もはや生きているだけの屍と化していた。実父にわずか八歳で売春宿へ売り渡され、世界中の富裕層の性的玩具となり、涙すら涸れ果てていた…。アジアの最底辺で今、何が起こっているのか。幼児売春。臓器売買。モラルや憐憫を破壊する冷徹な資本主義の現実と人間の飽くなき欲望の恐怖を描く衝撃作。


よくあれを映画にしたものだと感心した。週刊SPA!の宮台と阪本監督との対談も熟読した。重たい。朝日ニュースターの水曜日・宮崎哲弥司会の「ニュースの深層」の阪本監督出演回も見た。mixiでマイミクさんのその映画に関する日記にもコメントした。ブログでもどこかであの作品についてはしっかりとした文章を書かないと・・・

不思議にこういうときってなんかが重なったりするものなんだ。単なる偶然だとは思うけども。どっちもジェネオンだった。いまさっきアナマキの「あるがまま」PVを見てて気がついた。


[PR]
by RelaxAndGO | 2008-08-26 17:29 | 音楽
関屋亭引き出し→リンク切れ

アナムって人前で○○○するのかあ・・・
あはは
そこにだけ注目するのはアレだが・・・
一応このHPはメモしておかないと。
金沢のCDショップのホームページにおけるアナマキプッシュのページ。とっても説得力のある文章。
件のアナムのVOICEの文章もすごく面白いんだが、最近ほんとうにもうオヤジギャグばかりだな。アナム。

#############
追記
CDショップはなくなっちゃったのかな?
ネットで探したけど見つからなかった。
リンクはリンク切れになっている。
[PR]
by RelaxAndGO | 2007-09-11 13:47 | 音楽
アナム&マキの4thアルバム。5月25日に出ている。

QUNAI
アナム&マキ / 3Dシステム
ISBN : B0008JH2TA
スコア選択: ※※※※※

アナマキ4thアルバム。反戦の歌「ピカピカ光ル」は強烈です。そして美しく悲しい。

現在、東京のFM局、J-waveのチャート「Tokio Hot 100」にて80位にランクしてます。こういうはっきりとした社会性のあるメッセージを持った歌。反戦歌がチャートの上位にランクしているのは日本の音楽界もすてたもんじゃないっていうことだと思わなクナイ?
[PR]
by RelaxAndGo | 2005-06-18 15:35 | 音楽
Smashing Mag

4月2日の横浜でのアナマキによるライブアクトの写真が出ています。アナム&マキの公式サイトが情報ソースで見つけました。

アナマキさんの記事があるのも嬉しいですが、ソウルフラワー・モノノケ・サミットなども紹介されているのが注目です。3月12日。にあった「戦後60年の沖縄から平和をひらくコンサート」についてのレポート。

中川さんは時々みかける書いている文章もとっても説得力があると思う。言葉がパワフル。
[PR]
by RelaxAndGo | 2005-04-09 16:44 | 音楽
Excite エキサイト : 社会ニュース

山平和彦さんがはねられて死亡された。東京都足立区の交差点で。ひき逃げ事件らしい。事件性があるのか事故なのかは記事からはわからない。

以前に話題にした森達也によるドキュメンタリー作品に『放送禁止歌』というのがあり、そのドキュメンタリーのタイトルは山平さんによって歌われた歌だった。そのドキュメンタリー作品の中で彼がこの歌を歌うシーンがある。

最近になって活動を再開していたとは知らなかった。知っていたなら、是非一度、生で歌を聞いてみたかった。残念だ。

改めて音源を探してみようと思う。追悼の意味をこめて復刻されているものを買いたいと思う。
[PR]
by RelaxAndGo | 2004-10-13 18:30 | 音楽

復興の詩10

4月25日に神戸文化ホールで行われた復興の詩10。

2001年に亡くなった河島英五さんの遺志をついでFJS(復興の詩実行委員会青年の部)を中心に行われた10回目のチャリティコンサート。

原田伸郎さん、堀ちえみさん、山崎まさよしさん、伊原剛志さん、押尾コーターローさん、三代目魚武濱田成夫さん、谷和彦さん、南こうせつさん、アナム&マキさん、河島翔馬さんなどが出演。

一部をのぞいて、英五さんのカバーを中心にした演奏だった。
冒頭とエンディングに大画面で河島英五&スロートレイン演奏による”フィルムコンサート”もあり。最後は圧巻の最後。

「てんびんばかり」をあんな大画面で見たのは初めて。最初で最後かも。

河島あみるさん(司会)もアナマキのアナムさんも・・・みんなみんなみんなステージの上の人はみんなみんな最後は泣いていた。ぼろぼろ。無理もない。
[PR]
by RelaxAndGo | 2004-05-17 22:00 | 音楽